yohei-y:weblog

XML と REST/Web サービス関連の話題が中心の weblog です

2005-03-28

REST は XML の王道

最近の僕の日記のエントリを見ていただければわかると思いますが、もう完全に REST に傾倒しています。自分はなんでこんなに REST に惹かれるのだろうと考えてみたんですが、なんとなく答えがわかりました。REST には XML Guy の王道(XML の王道)が具現化されているのです。

いったん話を 1998年に戻しましょう。1998年、僕たちには華々しい未来がありました。それまでの大文字の HTML が XML によってプログラマブルに拡張される。名前空間やリンク機構を生かしてそれまでの Web が大幅に進化する。Jon Bosak の XML, Java, and the future of the Web や村田さんの「XML入門」に語られているような未来です(村田さんたちが訳したJon Bosak の記事の日本語版が見つけられなかった…)。

しかし世の中はその後さまざまな方向に迷走していきました。スキーマ言語戦争だったり、単なる設定ファイルとしての XML 応用だったり(ini や csv の代用…)、バインディングツールだったり。もちろんそれらは重要で、実際に役立つものですが、あまりにも初期の目標から論点がずれてしまったように(今となっては)感じます。そして、その迷走の最たるものが SOAP による Web サービスでしょう。XML による RPC は確かに便利で、ある面(異なるプラットフォーム間で見ると)実用的なものですが、それは XML の王道ではありません。

XML の王道はやはり、インターネットスケールの Web 上でハイパーリンクされた XML インスタンスを無数のプログラムが操作する世界でしょう。それはまさに REST で実現される世界です。だから僕(=XML Guy)は REST にワクワクするんだと思います。

[update 2005-03-31] 村田さんXML, Java, そして Web の将来の日本語訳再公開してくれました。

ラベル: ,

0 Comments:

コメントを投稿

Links to this post:

リンクを作成

<< Home