yohei-y:weblog

XML と REST/Web サービス関連の話題が中心の weblog です

2005-05-25

Alpine

前のエントリの続き。

同論文では Alpine の設計目標が提示されている。

  1. Stay in the XML space as much as possible.
  2. Take advantage of as much leading edge infrastructure as we can.
  3. Adopt the the handler chain pattern of Axis/JAX-RPC.
  4. Target SOAP 1.2 (POST only, WS-I Basic Profile 1.1)
  5. Document/literal mssages only, not RPC/encoded.
  6. Support XSD and Relax NG schemas.
  7. Run server-side, client-side, and as an intermediary.
  8. No support for JAX-RPC or JAX-M/SAAJ APIs.
  9. Configurable procedurally, through the Java Manage- ment API (JMX).
  10. Permit dynamic handler chain configuration during mes- sage processing.
  11. One supported parser.
  12. Run on Java 1.5 and later.
  13. No provision of side features such as a built in HTTP server, or a declarative configuration mechanism. These are delegated to other products.

この中でも注目は 1 と 3 だ。

XML の API として、彼らは XOM を念頭においているようだ。 ハンドラチェーンを使うのは「知っている XML だけを処理する」モジュールを接続して処理をするためだろう。

いやーしかし、こういう論文が Sun でも IBM でも BEA でもなく HP から出てくるところが、面白いなー。

ラベル: ,

0 Comments:

コメントを投稿

Links to this post:

リンクを作成

<< Home