yohei-y:weblog

XML と REST/Web サービス関連の話題が中心の weblog です

2005-07-31

そもそも ID を見つけるだけで十分なのだろうか

なんか複雑な方向になってきたなーと思っていたところで風邪を引いてしまって寝込んでいたので、なんだか浦島太郎状態ですが、思うところを。

今の暫定仕様は僕にとってはちょっと違う方向のように感じるんですね。アカウントの ID だけを渡すというのは、関数のパラメータの一引数を渡すというのに繋がる気がするからです。

そもそも naoya さんがやりたかったこと

まずそもそも僕が考えた仕様は...という前にまず何をしたいかを明確にしないとですね。僕がしたいのは、はてなダイアリーを含めたインターネット上のウェブページ (Permalink) から、そのページを作った人の「はてなのID」を探し出したい、ということです。

ですが、では ID を探し出して具体的に何をするんでしょうか。 もちろん、はてなのサービスの中の人はいいと思います。 HTML や RSS/Atom を取ってきて、その中にはてなIDがあれば、その ID からユーザを特定していろいろできる。 でも Web 2.0 的に考えるなら、はてな外の Remix する人の事も考えてほしい。

そんな Web 2.0 的な Hatena ID Auto Dicovery の応用に、 吉松さんが触れていました

僕は「投げ銭」に特化しないほうがいいなあ、と思ってます。例えばツールバーに「この人のはてダに移動」とか「このひとのはてブお気にを一覧」とかいうボタン作るのに役立ちそうだな、と思うもので。

なるほど。確かに便利そう。 とある Web の記事や RSS/Atom フィードを表示すると、 はてなツールバーや Greasemonkey スクリプトでその人のはてなブックマークへのリンクがポップアップしたら楽しい。 実際のコード(の断片)は例えばこんな感じかな。

var hatenaid = getIdFromRdfFoaf("http://www.hatena.ne.jp/");
document.write("<a href='http://b.hatena.ne.jp/" + hatenaid + "'>?B</a>");

うーん、嫌だ。

嫌な点の一つ目は "http://b.hatena.ne.jp/" という文字列をクライアント側で持っていて、ユーザ名と組み合わせている点。 これをやってしまうと、b.hatena.ne.jp を変えたり、URL の構造を変えたとたんに 途方もない数の全クライアントを一斉に変更しなければならなくなってしまう。 いわゆる密結合の一番悪いパターンですね。

もちろんはてなのドメイン名や URI の構造がそんなに簡単に変化するとは思いませんが、 一般的にはやらない方がいいことです。

それからもうひとつ嫌なのは JavaScript で getIdFromRdfFoaf() を作るのが大変そうなところ。 コメントアウトされた RDF/FOAF の文字列を「わざわざ」探し出して、さらにそれをパースして、RDF のトリプルにして…、 とやるのは想像するだけで鳥肌が立つ(のは僕だけかな)。

HTML に ID を埋め込む、というのは一見するとすごく汎用的で何にでも使えそうなんだけど、 汎用的であるが故に何をやるにも中途半端になってしまう危険性があります。 もう少し実用的な使い方をいくつか模索したり組み合わせたりして、 その中で汎用的に使える部分を探すという方がいいのではないかと思います。

では具体的には何なのだ、という話は次のエントリで。

ラベル: ,

0 Comments:

コメントを投稿

Links to this post:

リンクを作成

<< Home